我が家のキッチン

「キッチンごと」にお越しいただき ありがとうございます。

管理人のRINNGOです。

我が家のこと

我が家は 平成元年に建てた戸建てで 築30年になります。

もともとは 片付け下手で モノにあふれた暮らしをしていました。

いつも散らかっていて すぐに「どうぞ」と言えない状況に悩んでいました。

片づけができれば きっと色んなことが変わる!と思ってはじめた 自分の本当に必要だと思うものに囲まれたくらしをめざしたことが いまの暮らしのスタイルになっています。

2014年に キッチンのリフォームをしました

住み始めて20年もたつと あっちこっちガタガタ、ボロボロになってきますよね。

特にウチは 男の子がいたので 兄弟げんかも激しく 壁も穴あきが数か所できていて。

キッチンは毎日使うものなので 片付けにめざめはじめてからは こまめに掃除をするようになりましたが、それまでは掃除も苦手で きちんとしていなかったので 汚れをためては大変な思いをして大掃除をしていました。

長年使っていたキッチンは 扉がきちんとしまらないほど ガタガタになり、それでも費用のかかるリフォームなんて考えたこともなく なんとか自分で修理しようと 「憧れの白いキッチンに~!」という思いでホームセンターで白いリメイクシートを買ってきたりしていたのですが (扉が白いのは リメイクシートを貼ったからです)

リフォーム前のキッチン


そんな状況をみて主人が 「リフォームしたらええやん」と言ってくれました。

ちょうど 結婚25年で 銀婚式を迎えた年に 主人がプレゼントしてくれた 「キッチンのリフォーム」。高価な大きなプレゼントです。ずっと大切にしようと思いました。

リフォーム後のキッチン

憧れの白いキッチンです。毎日拭いて いつもピカピカにしようって思いました。

それから ひとつひとつ おしゃれで自分好みのキッチン雑貨をそろえるのが楽しみになりました。

シンプルな暮らしは いろんな意味で豊かなくらし

誰がきても 「どうぞ」ってすぐに上がってもらえるようになったこと、スッキリした暮らしを手に入れたことで 「片付け」に自信がもてるようになって「片付け」が好きになったこと。

本当に自分が欲しいと思っているものしか周りにないから 掃除もはかどるし、「○○しなければ」から解放されて そうすると時間にも余裕ができて 大好きなものに囲まれているから 心にも余裕ができて 小さいことも含めてすべてが幸せだと感じるようになりました♪

好きなモノに囲まれて暮らすしあわせ

あふれかえったモノがなくなると キッチンもシンプルで動線を考えて使いやすいものにと モノの置き方も考えるようになり、自分がキッチンにほしいと思うものは妥協せず 少し高価でも気に入ったキッチン雑貨を買うようになりました。

安い価格だけで不揃いのモノを集めていた日々よりも 自分が気に入ったものだからこそ大切に使うようになって 好きなモノに囲まれて暮らすってしあわせを感じています。

料理が好き、キッチン雑貨が好き、そんな管理人が じぶん目線でレビューしていきます^^どうぞよろしくお願いします。

運営サイト